眉毛アートメイク「手彫り」と「マシン彫り」はどれがいい?違いや仕上がりについて

眉毛アートメイク施術の種類

眉アートメイクは昨今さらに技術を進化させ、より自然に美しく仕上がるようになりました。

施術方法は「手彫り」と「マシン彫り」など種類があり、それぞれのアプローチにより仕上がりの状態が異なってくるため、満足度の高いものにするためにも自分に合っている眉アートメイクを選ぶことが大切です。

ここでは「眉毛アートメイク施術の種類」について特徴や注意点について解説していきます。

「手彫り」と「マシン彫り」に分けらえる眉アートメイク

素早く仕上げられる「マシン彫り」

マシン彫りは文字通り、細かい針がついた機械を使い色素を一定の間隔で皮膚に染み込ませていく方法になります。

針は施術者が皮膚をなぞるだけで自動で動くようになっているため、一定の間隔でスピーディーに着色を施していけるのが大きなメリットです。また、近年のマシン刺激も少なくなっており、皮膚が薄く敏感な部位に針が刺さっても痛みを感じにくくなっています。

ただし、細やかな濃淡の調整をするのが難しいことから、のっぺりとした立体感のない仕上がりになりやすいのがデメリットです。施術から数日経過してメイクが落ち着いてくると、いかにも色を入れているという感じではなくなりますが、ナチュラルメイクを好んでいる人にはあまり向いていません。

色合いを調節しやすい「手彫り」

先端に針が装着されたペン型のマシンを用いて、眉を1本1本植えていくように1針ずつ彫っていく手法になります。

手彫りの大きなメリットはストロークを自由に調整できることから、マシン彫りと比較して自前の眉毛のように仕上げられる点です。

素顔にも馴染みやすいことからアートメイクと気づかれにくく、スッピンになる機会が多い人や普段からメイクが薄めの人の利用に適しています。

しかし、1針ずつ施すことから完了まで時間がかかり、麻酔である程度軽減は可能ですが痛みを伴いやすくなるため、刺激に弱い人には注意が必要です。

「マシン彫り」+「手彫り」両方を用いるケースもあり

自眉が短い、薄い人で大部分をメイクで補わなわなければならない場合には、両方を組み合わせた施術が行われます。

ベースがない状態で1種類の方法でアートメイクを施すと自然な仕上がりにするのにも限界があるため、マシン彫りで一定の間隔に色を入れた後に手彫りで濃淡を表現するなど、それぞれのメリットを活かした施術でより立体感のある表現を可能にします。

眉アートメイクの種類と特徴

①ふんわりかつしっかりとした眉になる「パウダー風(機械掘り)」

パウダーを乗せたような印象になる方法で、色を暈しながら眉尻に向かってグラデーション状にカラーを施すことが可能です。ベースカラーも自由に選ぶことができ、メイク後のような印象になります。
その分、スッピンの状態で見ると、眉だけがメイクされている状態に見えるため不自然になりがちです。普段からしっかりしたメイクをしている人に適してる方法になります。

パウダー風アートをおすすめするタイプ

・はっきりとした眉毛に仕上げたい人
・時短メイクを第一に考えている人

②ナチュラルな「3D(手掘り)」

人間の手で1本1本眉を描いていくアートメイクで、眉毛が薄い部位にもまるで元々毛が生えていたように見せることができます。ただし、薄くてもある程度自眉があったほうがナチュラルに量が増えたように表現することができ、無毛の部位に描き足すと不自然に目立つのが欠点です。眉尻が短く長く伸ばしたい場合などは、濃淡の調整がしやすいパウダー風のほうが綺麗に仕上がります。

3D(手掘り)はこんな人におすすめ

・眉と眉の間を埋めて自眉の毛量を自然に増やしたい人
・左右の眉毛のバランスがよく、描き足す部位が少ない人

③より綺麗に仕上がる「4Dストローク(手彫り)」

4Dストロークは2Dと3Dアートメイクを組み合わせた手法で、パウダー風アートメイクを施した後にさらに3Dアートメイクで1本ずつ描き足していくことで、双方のメリットを取り入れてより綺麗な眉毛を作ることが可能になります。
眉毛が全くない部位にはパウダー風に、濃くしたい部位には3Dにと手法を変えて、眉頭はしっかりと、眉尻はふわっと見せるなど眉の濃さを変えられるのが特徴です。

4D(手掘り)はこんな人におすすめ

・自眉がほとんどないく大部分をメイクに頼っているかた
・左右のバランスを欠いているかた

④他にもある独自の眉アートメイク

GLOWクリニックの3G BrowsTM

GLOWクリニックでは4Dの他、「3G BrowsTM」によるアイブローメイクも行われています。

こちらはマシンと手彫り両方を駆使し、マシンで均一なグラデーションを、細かい部分の調整を人間の手により施すことで自然な毛の流れを再現することが可能です。

痛みも少なく、カラーが定着しやすいというメリットがあります。

3G BrowsTMはこんな人におすすめ

・肌への負担が気になる敏感肌の人
・必要なところだけ部分施術を希望する人

メディカルブローで行われている「6Dストローク」

メディカルブローで行われている「6Dストローク」は業界初の最新技術で、4Dよりさらに進化した超極細針を使用した細やかなメイクを実現しています。個々で異なる骨格から黄金比を導き、その人に似あう眉を形作ることが可能です。

6Dストロークはこんな人におすすめ

・自身に合う眉の形がわからない人
・3Dアートメイクでは満足できなかった人

» 眉毛アートメイクの料金相場は?人気クリニックの料金を比較

目的に応じた眉アートメイクを利用しよう

一口に眉アートメイクといっても、それぞれの種類によって得意なことと苦手としていることが違ってきますので、自身の目的を考え、期待する効果に見合った施術を選ぶことが大切になります。

方法によっては複数のメリットを取り入れられるものもありますが、クリニックごとに提供されている施術が異なることから、下調べをしっかりとしてカウンセリングで詳しいお話しを聞くようにしましょう。

-眉毛アートメイクの料金相場

© 2021 教えてアートメイク!2021年眉毛アートメイクおすすめ比較ランキング Powered by AFFINGER5